2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークその2

パッチワークその1の続きです。
パッチワークその1では、四角いピースを横に縫い合わせをしました。
今回は、その横に縫い合わせたものを列ごとに縫い合わせて一枚のキルトトップを作り、キルティングをしていきます。
全てつなぐとこんな感じにできました。
CIMG1043.jpg


 なんかピースとピースを縫い合わせる作業は私は一番楽しいかも。
だんだん形ができてきて嬉しくなります。
キルティングもわりと好きかも・・・。

 プロセスですが、段々画像で取るのも難しくなってきそうなので
無理なところは言葉のみしたいなと思います。

番号表示は前回の続きにします。

3.横につないだピースの列を1列ずつ繋ぎ合わせます。
CIMG1033.jpg


4.全て繋ぎ合わせたら裏の縫い代をアイロンで写真のように
倒していきます。
適当に倒しても支障はないかと思いますが、
この方が表面がごわつかずいいかなと思います。
縫い代を倒しながらアイロンをかけたらキルトトップの出来上がりです。
アイロンがけ、私は普段のお洋服とかにかけるの好きではないですが、
一応パッチワークやソーイングなどで最低限アイロンがけした方がいい所はキレイに仕上がるので、アイロンの苦手な私もかけています。
CIMG1038.jpg


5.「裏布の裏側」が上になるよう置き、その上に「キルト芯」、その上に「キルトトップの表側」を置きます。
そして中心から周りをマチ針で全体が動かないよう刺します。
この時、裏布とキルト芯はキルトトップより大きめにカットしたものを用意します。キルトトップを型紙がわりにしてだいたいの大きさで私はカットしています。
CIMG1048.jpg


6.全体にしつけをかけます。
まず中心から外側にむけて十字にしつけします。
一回一回糸を切ってまた中心からしつけするので面倒ですが、
キルト芯が変に歪んだりしない為にそうします。
そしてその余白にも真ん中の方から外側に向かってしつけします。
最後に周囲をしつけします。
四角にしつけしましたが、十字にしつけした後、放射線状になるよう
中心から角に向けて斜めにしつけしたりする方法もありやった事はありますが、四角の方がずれなくていいかなと私は思いました。
写真では、すでに白いしつけ糸でしつけしましたが、分かりずらいので
赤い糸を置いてこの辺りにしつけしましたという印代わりに置いています。ですのですみませんが糸も歪んだりしています。
CIMG1063.jpg


7.いよいよキルティングです。
分かりやすいよう青い糸にしましたが、ステッチを見せたい場合はこんな風に目立つ同系色の糸でキルティングしたりもいいかと思います。
でも私はほとんどベージュ系の生成りの糸でキルティングしてます。
濃い色は針目が目立ってキレイならいいんですが、
私の場合針目が揃ってないのが思いっきり見えてしまうので、
いつも目立たない色にしちゃってます。

キルティングも中心から行います。
布やキルト芯がずれないように何でも中心から行います。
ピースの端から2~3ミリの所を四角く細かく縫ってキルティングしていきます。(なるべく表面も裏面も針目が揃うようにします。)
この時持っている場合はシンブル(ステンレス)は左手中指、
シンプル(革)は右手中指にはめます。

 針に糸を通して玉結びを作ります。
玉結びの結び目は表面や裏面から見えないように処理をします。
最初と最後は返し縫いをします。
最初は、ピースとピースの間から針を入れます。
玉むずびが布の間を通ってキルト芯に引くかかるように
少し強めに引っ張ります。ブチって音がしたりします。
(布の間でなく布の表面に針を刺して引っ張って玉結びを
布に貫通させてキルト芯に引っかかるようにする方もいます。)
四角の角より進行方向側一目先に針先を出し返し縫いします。
その後、返し縫して糸が出た位置から針をまた入れて2~3ミリ幅くらいで縫います。
この辺りのやり方はやりやすいようにすればいいかなと思います。
返し縫いしてほつれないよう縫い進めればいいかなと思います。

この時慣れたら針に4~6目くらい刺していくようにするのがパッチワークのキルティング方法です。
私も最初はできなくて、一目から二目、三目と段々増やして布をすくえるようになりました。
針目も多少大きくてもなるべく揃えればいいと思います。
私も歪んだり針目が揃ってなかったりがしょっちゅうです。
最後もまた返し縫したら、本当はその場で玉止めして
その位置に針を刺しピースとピースの縫い目に針先を出して、
また玉止めを強く引っ張りプチっとキルト芯に
玉止めが引っかかるようにしてから糸を切ります。
でも私は布にブチってやると多少布が傷ついたりほつれたりが
心配なので、いつもピースとピースの間に針を出してから
玉止めして更にキルト芯に針を戻して
適当な位置の表布に針先を出して糸を切ってます。
ちょっと説明も書きずらく分かりずらくてすみません。
すべてのピースに四角くキルティングをすればキルティング終了です。

CIMG1066.jpg


 今回四角くキルティングにしましたが、市販のキルティングの生地のように、角から角へ斜めにキルティングする方法でもいいかと思います。
その場合はキルトトップの左上角から右下角へと一本キルティングして、
反対の右上角から左下角へとしていき、そのとなりの斜めの列を
キルティングと交互にした方がキルト芯が歪んだりずれたりが
少くていいかと思います。

 これからキルティング頑張りま~す

※キルティングの時に40センチ前後の丸いフープ
(刺繍枠の大きい感じのもの)
とか使用したりしますが、私みたいにそんなに大きな物を
作らないならフープはいりません。
というかフープより布の方が更にずっと大きくないとセットできないので・・・。
試しに刺繍枠とか付けてやってみたら枠があまりに小さすぎてキルティングできなくて・・・。自分のやった事にププって笑っちゃいました。
使用目的の違うものを試した私が変ですが・・・
同じ形しているしいいかなとか思って試してみた事があったんです。

 ブランケットやベットカバーなど大きな作品を作る時にはパッチワーク用の大きなフープは便利かと思います。
大きなフープ持ってないのでなんともいえませんが・・・
刺繍の時も私は刺繍枠って苦手なので、フープも苦手なような気がして、大きな作品も作ってないので、私は大きなフープは購入はしていないんです。

-リンクのお知らせ-
サボログ サボさんのブログをリンクさせて頂きました。
クロスステッチ、ハーダンガー刺繍、その他の刺繍、編み物など
素敵なブログです

 
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

お邪魔しま~すv-290
パッチワークちゃくちゃくと進んでるね!
素敵なのにしあがりそうだねぇv-10    お目にかかれるのを楽しみにしてるよ。

みっちゃんへ

来てくれて嬉しいよ~。
なんとか少しずつ進めて頑張ってます。
これからがちょっと時間かかりそうだけど、
またできたら見てね!

ホワイトシフォンさん♪

はじめまして~。遊びに来ちゃいました。
昨日は書き込みしてくださってありがとうございます~★
とても嬉しかったデス♪

パッチワーク頑張っているんですね~。
とても気が遠くなるような作業v-12
私には出来ません・・・v-406
頑張って完成させてくださいねー★

手先が器用で羨ましいです。
私も何か作ることが出来たらもっと楽しいんだろうな~って思っちゃいました♪

mikiさんへ

 遊びに来ていただきとっても嬉しいです。
ありがとうございます。

 mikiさんのセンスはとっても素敵なので惚れ惚れしちゃいますe-266
これからもちょこちょこmikiさんのブログに遊びに行きますね。

 パッチワーク頑張りま~す!
でも作業が細かいだけに、なかなか進まず
違う事してたりがよくあるんです。
一つの事をやればすぐに仕上がるんですが、
いろんなものが途中になっていたりします・・・v-411


管理者にだけ表示を許可する

ワイヤープランツ&多肉植物 «  | BLOG TOP |  » ドイリー

プロフィール

ホワイトシフォン

Author:ホワイトシフォン
6歳の娘と3歳の娘がいます。
リネンとコットンで布小物、時々お洋服や布花を作ったり。。。
最近は、お菓子作りも楽しんでます♪♪

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ商品!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。